home products topic case company shop info link
 
  


新製品情報のページ
弊社製品のご案内
製品の情報など。
JANコード一覧表
弊社製品製造中止の
ご案内。
MSDS(製品安全デー
タシート)、パーツリスト、 メンテナンス方法のFQAに関するお問合せはこちら
製品インデックス

 


ドライバー
特殊ネジ用ドライバー
  その他

----------------------
ニッパー/ストリッパー
プライヤー/ペンチ
ピンセット
----------------------
ハンダ・基板関連
顕微鏡/ルーペ
テスター/計測器
グルーガン
----------------------
モンキーレンチ
ピックアップ
レンチ/スパナ/ソケット
切削工具/その他
----------------------
工具セット
アルミトランク/ケース
アタッシュ・ソフトケース
パーツケース
----------------------
静電対策品
クリーンルーム対応
クリーナ/オイル
電設工具
----------------------





製品に関するお問い合せはこちら
<<SK-60シリーズ炎量調整マニュアル>>
各パーツ名称
 
調整に必要な工具
  ●精密ドライバー-1.6
●スチールスケール(直尺)
●ライター等

 

SK-60シリーズはガスコントロールレバーについている
白いキャップを外してから作業をおこないます。
白キャップはゴム製なので簡単に外せます。
工具は精密ドライバーのマイナス1.6を用意してください。
【(炎調整手順】
@ ローレットキャップとコテ先を外します。
A ガスコントロールレバーを真ん中に合わせ点火スイッチ
をONにし、ガスを噴出させマッチ等ですばやく点火させます。
このときガス噴出音はするが点火しない又は炎長が約6mm
以上の時は次のステップに進んでください

B 一旦ガスを止めガスコントロールレバーを左端まで移動させ、ガスコントロールレバーをニュートラル状態にするため、ネジを左に回します。(反時計回り)
C この状態(ニュートラル)で右端までレバーを移動
させます。
D 右端でニュートラル状態を解除するためネジを右にまわし締め付けます。(時計回り) ここまでの作業@〜Dを繰り返し
、ガス噴出量を調整していきます。
理想はガスコントロールレバーが真ん中の位置で20℃の室温で炎の長さが6mmです。
...................................................................................................................................................................................................
<<SK-70(改良型)シリーズ炎量調整マニュアル>>
各パーツ名称
 
調整に必要な工具
  ●精密ドライバー-1.6
●スチールスケール(直尺)
●ライター等
炎量調整方法
   
@ローレットキャップ、サスカバー、コテ先を外します。

Aコントロールレバーを中間位置(3の位置)に合わせ、
 オープンレバーを開きガスを噴出しライター等で点火し
 ます。

Bガス噴出量が多すぎて点火しにくい場合は、一旦ガスを
 止めてコントロールレバーを最小(1の位置)に合わせ、
 再び点火します。

C炎の長さが約12oになるようコントロールレバーでガス
  噴出量を調整します。(写真@)

D炎が約12oになったらガスを一旦止め、−ドライバーで
  アウターリングロックネジを左へ1.5回転ほど回し、
  アウターリングをフリーの状態にします。(写真A)

Eフリーになったアウターリングを中間位置に合わせて、
  再びアウターリングロックネジを右に回し締めこみロック
  します。

●上記調整でコントロールレバーが中間位置の時に、炎の
  長さが約12oになります。上記の調整を行ってもまだ
  ガスの噴出量が多い場合や、炎が長い場合はB〜Eの
  工程を繰りかえします。

 

 
写真@
写真A
株式会社 エンジニア
 
本社
-----------------------------------
〒537−0011
大阪市東成区東今里2-8-9
TEL(06)-6974-0028
FAX(06)-6974-5661
東京営業所
-----------------------------------
101−0032
東京都千代田区岩本町2-2-14
TEL(03)-3863-0028
FAX(03)-3863-0036
お問い合わせに関しましては、電話、FAXでも受け付けております。


 
 
▲TOP
  ホーム製品案内別注ケース会社案内販売店お問合せトピックリンク
engineer inc.