検索

コテライザー「故障かな?」と思ったら

エンジニアファンの皆さん、お久しぶりです。 いっしゃんです。^^>

長い間お休みしておりましたこのテクニックブログを久しぶりに 更新していきたいと思います。

さて、これからアップしていきますのは、私が担当している製品の ”コテライザー”についてです!



コテライザーが通常の


半田コテと違う点は、

ガスを燃焼させる事で

コテ先を温める為、

電源が無い場所でも

作業が可能だという事。


屋外や電源から離れた

場所の作業に最適です。

しかし、電気式と違ってガス量調整用のバルブが緩んだり、スパークが 弱くなってしてしまうなど、着火不良を起こす可能性もあります。

今回は、最も多い着火不良の原因について纏めたいと思います★

着火不良の主な原因

最も多い着火不良の原因についてですが、これは「ガス量が多い事 により、火花が吹き飛ばされてしまっている」というものです。

▼▼▼こんな感じ▼▼▼

ガスの噴出量が多過ぎて、ライターの炎が吹き飛ばされている。 ※炎の上に薄っすらとある青いのがガスです。

ガス量が多いと空気との混合比が悪くなり、着火せず炎を吹き飛ばしてしまう。。。 この写真は炎が吹き飛ばされている様子が分り易いようにライターを使用 していますが、本来着火に使用される圧電ユニットのスパークにおいても 同様の事が言えます。 また、ライターの炎が吹き飛ばされなくても火力の弱いスパークでは着火しないという 事もあるんです。

その為、ガス量をある程度の量に調整(少なく)すると着火不良が改善されるんです。^^b

ガス量確認方法

ガス量を確認する方法は、まずコテ先を外してセラミックユニットを露出させましょう。

▼▼▼こんな感じ▼▼▼


コテ先を外したら、ガスを出してライターの火を近づけてみましょう! 吹き飛ばされませんか??

吹き飛ばされたらガスが多い証拠!! 調整が必要です。><;

皆さんのコテライザーは大丈夫ですか?? ちょっと着火しにくいなと思ったら、確認してみてください★

次回は調整方法について記載したいと思います。 それでは、次回もお楽しみに~♫♬☺

【本社】
〒537-0011 大阪市東成区東今里2-8-9  TEL(06)-6974-0028 FAX(06)-6974-5661

 

【ロジスティクスセンター】
〒537-0011 大阪市東成区東今里2-9-13  

ロゴマーク[タイプⅠ](カラー)パターンB.jpg
2014psmark_base_wix.jpg
匠_大阪の元気ものづくり企業.gif
banner_evessa.png

Copyright(C)2020 ENGINEER INC.All rights reserved